洋書でレース編み!デイジーのドイリー

『Doilies in Bloom』よりデイジーのレース編みドイリー1

初めまして!ゆいの月と申します。
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
どうぞごゆっくり、おくつろぎくださいね♪

 

今日はDiane T. Stoneさんの「Doilies in Bloom」という洋書から編みました、
<DAISY DELIGHT>というドイリーをご紹介します。

 

初めてクロッシェレースの洋書に挑戦したのがこの本です。

いろんなお花を編み込んだレース編みドイリーが7種類掲載されています。
白い糸とお花モチーフの色糸の組み合わせがとても可愛らしいです

こんなに見た目が可愛いのに、どちらかというとかんたんな編み方の組み合わせでできていて、気軽にチャレンジできそうなのも魅力です。

 

Doilies in Bloom
 

編み図はなく英語の説明と写真のみです。

説明の通りに編み進んでいくと見本写真と同じ模様が出来上がっていく…
洋書での編み物はその過程がとてもおもしろいです!

デイジーのレース編みドイリー2
『Doilies in Bloom』(Diane T. Stoneさん著)より<DAISY DELIGHT>

裏表紙に写真が載っていて、一目でこれは編みたい!と思いました。

本の写真ではデイジーの花の色が白で、葉っぱは濃い緑色です。
白いレースに白い花の組み合わせがとても清楚でステキ!

ですからちょっと迷ったのですが、家にある色糸を使いたくて今回は花びらをピンクにしてみました。葉っぱは淡い黄緑色です。

 

ダイソーで買ったカラーのレース糸を使いました。

カラーレース糸

気軽に自宅用の作品が編めるし、練習にも良いです。
(赤は別の作品でよく使ったので、かなり減っていますね~)

買った時に緑は淡い色・青系は濃い色しかなかったので、モスグリーンや薄い水色もあるといいなと思いました。

お花の真ん中の黄色は、実は刺繍糸。
黄色のレース糸は手元になかったので代用してみました。

白はミルフローラレース糸です。

 

想像通りこの色で編んでもとってもラブリーです♪
でもお花が白いバージョンもやっぱり魅力的なので、いつかまた編んでみたいです。

デイジーのレース編みドイリー3

周りのお花を一つずつ囲むネット編みのスカラップがたまりません!
お花がレリーフのように立体的に見えるのも良いですね。

 

複数の色を使うものはその分糸始末の手間がかかりますが、編んでいる時も完成した時もとてもハッピーです。

 

40番レース糸で出来上がりは直径17㎝くらいになりました。

鏡台のところに置くとなかなか良い感じです。

 

次回も同じ本から編んだドイリーをご紹介したいと思います♪

 

スポンサーリンク

PAGE TOP