パイナップル編みの大きめレースドイリー

『Doilies With Charm』よりパイナップル編みの大きめドイリー1

Patricia Kristoffersenさんの『Doilies with Charm』というレース編みの洋書から、パイナップル模様のドイリーを編みました。
<BEWITCHING>という名前がついています。

 

『Doilies with Charm』は、以前ご紹介した『Doilies in Bloom』と同じシリーズの本です。

以前の記事*『Doilies in Bloom』と、その中から編んだ作品のご紹介*

『Doilies in Bloom』に比べるとやや複雑な編み方も使われていて、挑戦のしがいがあります!

 

今回ご紹介する『Doilies with Charm』♪
こちらには白い糸で編まれた繊細で美しいドイリーが7種類掲載されています。

 

Doilies With Charm

 

数年前にAmazonで購入しましたが、この文章を書いている時点では「在庫切れ・入荷未定」のようですね…

素敵な本なのに残念です。

私も他の洋書で買いたいものがあって、ずっとショッピングカートの「あとで買う」のリストの中に入れています。

Amazonさんは再入荷したり中古品が出品されたりする場合があるので、気長に待っているところです。

 

完成写真は作品全体ではなく一部(半分くらいかな?)がアップで写っているものが多いです。
その分編み地を大きく見ることができ、細かいところも分かるのが嬉しいです。

実際に編み上がった時に全体像を見られる楽しみもあると思います!

 

パイナップル編みの大きめドイリー2

『Doilies with Charm』(Patricia Kristoffersenさん著)より<BEWITCHING>

本では白い糸ですが、今回はナチュラルな感じにしたかったので淡いベージュの糸で編んでみました。

 

本の写真を見た時、放射状に広がるたくさんのパイナップル編みがまるでクジャクの羽みたいでステキ!と思いました。
パイナップル模様は編むのが楽しくて大好きです

パイナップル編みいっぱいのドイリー3

できあがりは直径約42㎝です。

自分が編んだドイリーの中では、現時点で一番大きいものになりました。
20番レース糸を使用しています。

思う存分パイナップル編みをしたい!という願望を満たしてくれるドイリーでした♪

現在はストック毛糸を入れるケースにかぶせて使っています。

 

次回も同じ本から編んだドイリーをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

PAGE TOP