タグ「 Doilies in Bloom 」の記事

3件の投稿

『Doilies in Bloom』より、ばらの花のドイリー1

ようこそ、いらっしゃいませ♪

前回に続き、クロッシェレース編みの洋書
『Doilies in Bloom』(Diane T. Stoneさん著)から編んだ作品をご紹介します。

 

<ROSE BOUQUET>というこの作品は、なんといってもこの、立体的な赤いばらのモチーフが魅力♪

本の写真でもインパクト大です。

緑の部分は本では濃い色ですが、手元にあった淡いグリーンで編んでいます。

ばらの花のドイリー2

実はこの本から編んだのはこちらの作品が最初。

洋書初挑戦だったこともあり、指示通りに編んでいくとばらのモチーフが出来上がった時は感動しました!

ドイリー本体を編むときも、新鮮な驚きの連続でした。

日本の本は編み図が載っているので、写真を見なくても編む時に模様のイメージが視覚的に分かります。
それに対して編み図のない洋書の場合は、英語の文字だけを見ながら編んでいきます。

自分が知っているこの編み方をこう組み合わせると写真と同じ模様が出来ていく…
当たり前のことなのに、その過程がまるで魔法のように思えました。

 

完成した時の喜びもひとしおです。
これをきっかけに洋書の編み物の魅力を知ったのでした

 

このドイリーは上にものを置いたりはできないので実用というより観賞用ですね。

ばらの花のドイリー3

『Doilies in Bloom』(Diane T. Stoneさん著)より<ROSE BOUQUET>

40番レース糸で、出来上がりは直径約17cmです。

本の指定はsize 10の糸で、出来上がりは33.5㎝になるとのことです。
(海外の『size 10』は日本の10番レース糸とは違うと思いますが…)
それだともっとインパクトがありそうですね!

 

私は40番レース糸を使うことが多いです。
20番レース糸で編むより作品は小さくなりますが、編みやすくて模様が繊細な感じに仕上がるので好きです。

 

次回はタティングレースの作品をご紹介したいと思います♪

 

スポンサーリンク

PAGE TOP